メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋

御園座、こけら落とし公演 新装開場

御園座のこけら落とし公演で襲名披露をする松本白鸚さん(中央右)と松本幸四郎さん(同左)=名古屋市中区で2018年4月1日、兵藤公治撮影

松本白鸚さん、幸四郎さん親子が襲名披露

 名古屋市の劇場文化を120年あまり担ってきた同市中区の御園座は1日、5年ぶりに開場し、松本白鸚(はくおう)さん、幸四郎さん親子が襲名披露するこけら落とし公演が始まった。

     午前10時すぎ、色鮮やかなのぼりがはためく中、ロビーへと通じる朱色の大階段前で一番太鼓が鳴り響き、再開場を告げた。約1200人のファンらが、着物姿などで詰めかけた。

     御園座は経営再建に伴う建て替えのため、2013年3月に閉場した。地上40階、地下1階のビルが新築され、2~5階が新劇場となった。【岡村恵子】

    一番太鼓が打ち鳴らされ開場した御園座=名古屋市中区で2018年4月1日、兵藤公治撮影
    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
    2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
    3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
    4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
    5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです