メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ドイツで卵投げ大会、飛距離競う 割れたら失格

 4月1日、ドイツ西部の町ホルハウゼンで、毎年恒例の卵投げ大会が開催された。イースターの休日で家や庭に隠された卵型のチョコレート探しを楽しむ多くの人を横目に、雪のちらつく悪天候も負けず、卵を投げる力と技を競い合った。写真はロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

 [1日 ロイター] - ドイツ西部の町ホルハウゼンで、毎年恒例の卵投げ大会が開催された。イースターの休日で家や庭に隠された卵型のチョコレート探しを楽しむ多くの人を横目に、雪のちらつく悪天候も負けず、卵を投げる力と技を競い合った。

     この伝統競技は80年以上の歴史があり、単なるお遊びではなく厳しい規定がある。登録を済ませた出場者らはペイントされた固ゆで卵を1個ずつ持ち、牧草地でどれだけ遠くまで割らずに投げられるかを競う。1人1投のみで、衝撃で割れた場合は失格となる。

     現地観光協会のロルフ・シュミット=マルコスキ氏は「卵を割ってはいけないというのが特徴だ」と話した。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
    2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
    3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
    4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
    5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです