メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 木下光生さん 現代の「病巣」の背景

木下光生・奈良大准教授=大阪市北区で2018年3月5日、加古信志撮影

 ■貧困と自己責任の近世日本史 木下光生(きのした・みつお)さん 人文書院・4104円

 <二一世紀日本は、なぜ、かほどまでに生活困窮者の公的救済に冷たい社会となり、異常なまでに「自己責任」を追及する社会となってしまったのか>

 「現代社会に対する『怒り』が執筆の原点になった」。日本近世史が専門の奈良大教授が、近世日本の村社会を基点に、残された史料を読み解き、さまざまな歴史的考察を試みた。そこから見えてきたのは、「江戸時代の農村は貧しかった」という従来の単一的な歴史観とは異なる事実だ。

 大和国吉野郡田原村(現奈良県宇陀市)で1808年に作成された「去卯年御田畑出来作物書上帳(さるうど…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. ORICON NEWS 第160回「芥川賞」「直木賞」が決定 古市憲寿氏は逃す「がーーーーーん」
  5. 五輪コンサルの男に禁錮刑 シンガポール地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです