メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 木下光生さん 現代の「病巣」の背景

木下光生・奈良大准教授=大阪市北区で2018年3月5日、加古信志撮影

 ■貧困と自己責任の近世日本史 木下光生(きのした・みつお)さん 人文書院・4104円

 <二一世紀日本は、なぜ、かほどまでに生活困窮者の公的救済に冷たい社会となり、異常なまでに「自己責任」を追及する社会となってしまったのか>

 「現代社会に対する『怒り』が執筆の原点になった」。日本近世史が専門の奈良大教授が、近世日本の村社会を基点に、残された史料を読み解き、さまざまな歴史的考察を試みた。そこから見えてきたのは、「江戸時代の農村は貧しかった」という従来の単一的な歴史観とは異なる事実だ。

 大和国吉野郡田原村(現奈良県宇陀市)で1808年に作成された「去卯年御田畑出来作物書上帳(さるうどしおんでんぱたできさくもつかきあげちょう)」は、村が困窮を理由に代官所に年貢の引き下げを願い出た際の文書。当時の世帯報告書にあたり、「金持ち」から「貧乏人」まで村の全世帯(41軒)の1年間の世帯収入と支出が記されている。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです