メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

創刊30年「キャンパる」とは? 学生が企画・取材・執筆

キャンパるの会議風景=東京・千代田区の毎日新聞東京本社で

 「開かれた新聞」を掲げる毎日新聞のもと、学生記者が作る紙面として、1989年2月に東京本社で「創刊」されたキャンパる。今年30年目を迎えた。4月からは、しずおかキャンパる、九州版キャンパるも創設され、全国9エリアにネットワークは広がる。改めて「キャンパる」とはなにかを、逆取材というかたちで取り上げた。【日本大・山川千裕】

 キャンパるは、本紙の毎週火曜夕刊に掲載されている。首都圏を中心に、さまざまな大学から有志で集まった学生約30人によって構成される。毎日新聞の編集委員が編集長として監督をするが、記事ができるまでほぼ全ての工程を学生が主体となり行う。学生ならではの目線で、大学に関することをテーマに紙面が作られる。

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  2. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  3. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  4. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです