メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

特別編 県内各所で入社式や辞令交付式 決意胸に門出、若者たちを祝う /茨城

 新年度最初の平日になった2日、満開の桜の下、県内各所で入社式や辞令交付式があった。「いばらき魅力見つけ隊」特別編として、決意を胸に社会に出た若者たちの門出を祝うことにした。

 ■県庁

 県庁では、昨年度より20人少ない209人(女性72人)が入庁し、辞令交付式に臨んだ。大井川和彦知事は「県民のために何が必要かを考えるうえで、ベテランも新人も関係ない。創意工夫で新しいことに挑戦していくことが大事だ」と訓示した。

 代表で辞令を受け取った寺島紗也子さん(22)=少子化対策課=は「若者の視点でいろいろな仕事に取り組みたいと思っている。パワフルに頑張り、茨城とともに成長したい」と抱負を語った。

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです