メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える ジェネリック医薬品の真実/下 /福岡

 ■今回のテーマ ジェネリック医薬品の真実

 「ジェネリック医薬品の真実」をテーマに2月17日、福岡県水巻町の遠賀中間医師会館であった第219回患者塾。ジェネリックの副作用や変更したい時の申し出について、医師や薬剤師らがわかりやすく説明した。【まとめ・長谷川容子】

 ◆大分県日田市の女性(66)

 保険組合から「ジェネリックに変えたら安くなる」という通知が来たので変えたところ、アレルギーが出ました。

この記事は有料記事です。

残り1673文字(全文1871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです