メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/18 「中国最強」威信懸け

東京・青海のインアゴーラの倉庫では、従業員が中国から注文された商品を次々と箱に集めていく=秋本裕子撮影

 東京と世界を結ぶ物流拠点、青海コンテナ埠頭(ふとう)に隣接する青海流通センター(東京都江東区)の一角。通路の両面に設置された高い棚は雑多な商品で埋め尽くされている。中国向けの電子商取引(EC)事業を手がける「インアゴーラ」の物流倉庫だ。化粧品や菓子、コメ、雑貨、衣料品--。インターネット経由で注文を受け、海を渡って中国各地の消費者の元に届けられる。

 インアゴーラは、中国人の最高経営責任者(CEO)、翁永飆(48)が2014年に創業し、4万種類に及…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです