メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

自民党の憲法9条改正論議 新たな「自衛」論争呼ぶ可能性=論説委員長・古賀攻

自民党大会で演説する安倍晋三首相=3月25日、和田大典撮影

毎日 制約があいまいに/読売 分かりやすい条文案を

 自民党が、憲法改正を目指して具体的な条文案を取りまとめた。自衛隊の明記、緊急事態、参院選での「合区」解消、教育の4分野だが、焦点は9条と自衛隊との関係をどう整理するかだろう。

 (1)自民党大会で改憲を盛り上げ、他党との協議に入る

 (2)秋の臨時国会で発議する

 (3)来年中に国民投票を実施して成立させ、安倍晋三首相の任期中に改正憲法を施行する

この記事は有料記事です。

残り2418文字(全文2615文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです