メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ゲーム機

中高年照準、少年に戻り キャプテン翼/ボンバーマン/ガンダム…施設用、相次ぎ登場

 アニメ「キャプテン翼」など、昭和時代の人気キャラクターを題材にしたアミューズメント施設向けのゲーム機が4月以降に相次いで登場する。かつて親しんだ中高年層や家族連れをターゲットに、手軽に遊べるスマートフォンのゲームに押され遠のいた客足を施設に呼び戻す狙いがある。

 タイトーは、ソニー・ミュージックコミュニケーションズなどと開発しているキャプテン翼のサッカーゲーム機を冬に導入予定だ。プレーヤーはゴーグル型の仮想現実(VR)端末を装着してサッカー選手となり、ボールを蹴る動作でゴールを狙う。

 ゲームの追い風になると期待するのが、今月からのキャプテン翼のテレビアニメ放送復活と、サッカーのワー…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文647文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  5. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです