メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀短観

2年ぶり悪化 大企業、景況感陰り 円高、人手不足が影響

東京五輪・パラリンピックの会場として整備される有明アリーナの建設現場。五輪関連投資の増加もあり、人手不足感が高まっている=東京都江東区有明で2月6日、柳澤一男撮影

 日銀が2日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業・製造業の景況感が8四半期(2年)ぶりに悪化するなど、景気拡大の持続性に黄色信号が点灯した形となった。円高や原材料価格の上昇、人手不足が収益を圧迫していることに加え、トランプ米政権による保護主義的政策もあり、先行きへの警戒感が強まっている。

 「人件費も物流費も上昇してコストは増すばかり。企業努力だけではどうにもならない」。定食屋を展開する…

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文1989文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです