メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国経済の歴史的な好指標=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 先月21日の米連邦準備制度理事会(FRB)は、パウエル新議長のもと、政策金利の0・25%引き上げを決めた。年内に更に2度の引き上げという標準的見通しだけで現況を表せない理由が二つある。

 一つは失業率の改善にもかかわらず、物価上昇にはね返らず、2月でも対前年同月比で1・8%だ。失業率4・1%は17年ぶりの好結果で、来年10~12月期は半世紀もさかのぼる記録の3・6%にまで改善するとFRBは予測する。

 物価上昇を引き起こさない失業率、すなわち社会が甘受せねばならないそれを自然失業率と呼ぶ。従来はこれ…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです