メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 支えられ、また教員に 避難先の神戸で決意

東日本大震災の追悼行事で、再会した仮設住宅の住民と話し込む池添麻奈さん(右)=宮城県名取市で3月11日

 2011年の東京電力福島第1原発事故に伴い、神戸市に2年前まで避難していた池添麻奈さん(35)が今春、宮城県の公立中教諭に採用された。神戸では兵庫県嘱託職員として東日本大震災の被災地支援ボランティアに携わったが、「自分だけ逃げた」と悩んだこともあった。そんな時に「先生になる夢をかなえて」と励ましたのは、阪神大震災で被災した職場の友人らだった。「人を支えられる人間に」。池添さんは教壇から子供たちに伝えるつもりだ。【井上元宏】

 池添さんは原発事故が起こった時、福島県富岡町の中学校で講師をしていた。町全域に避難指示が出され、約…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです