メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

ペット長寿化、施設でみとり

スタッフに抱かれる15歳のチェリー=東京都大田区の東京ペットホームで

 室内飼育の増加やフードの改良で、ペットの長寿化が進んでいる。寝たきりや認知症の犬・猫が増える一方、飼い主も高齢になり世話が難しくなるケースがある。ペットを有料で終生預かる「老犬・老猫ホーム」の役割が注目されている。

 明るい日差しの窓辺で、安心しきった表情でスタッフの腕にもたれるミニチュアダックスフント「チェリー」、15歳。人間でいえば80歳近いおじいさんで、視力はほとんどない。東京都大田区の「東京ペットホーム」は、いわばペット版の老人ホーム。飼い主がさまざまな理由で世話できなくなった犬や猫が最期を迎える場所だ。

 犬6匹、猫19匹を8人のスタッフでケアする。犬と猫は別棟。それぞれに個室と広場がある。「一匹一匹の…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1434文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  2. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  5. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです