メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

ペット長寿化、施設でみとり

スタッフに抱かれる15歳のチェリー=東京都大田区の東京ペットホームで

 室内飼育の増加やフードの改良で、ペットの長寿化が進んでいる。寝たきりや認知症の犬・猫が増える一方、飼い主も高齢になり世話が難しくなるケースがある。ペットを有料で終生預かる「老犬・老猫ホーム」の役割が注目されている。

 明るい日差しの窓辺で、安心しきった表情でスタッフの腕にもたれるミニチュアダックスフント「チェリー」、15歳。人間でいえば80歳近いおじいさんで、視力はほとんどない。東京都大田区の「東京ペットホーム」は、いわばペット版の老人ホーム。飼い主がさまざまな理由で世話できなくなった犬や猫が最期を迎える場所だ。

 犬6匹、猫19匹を8人のスタッフでケアする。犬と猫は別棟。それぞれに個室と広場がある。「一匹一匹の…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです