メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

吃音で人間関係を結べない=回答者・渡辺えり

 私は吃音(きつおん)という、発声がうまくできない障害があります。今までそれを知られたくなくて人間関係を浅く終わらせてきましたが、今になって後悔しています。「障害」というと、確かに偏見もあり、つらい思いもしたかもしれませんが、それよりも、なぜ理解者を作らなかったのかと昔を振り返ってはため息ばかりです。恋人はおろか友人もおらず、家族とも絶縁状態。この先どうしたらよいか分かりません。(26歳・女性)

 26歳のあなた。人生これからです。吃音は今、原因の解明も少しずつ進んできていて、楽にしゃべれる方法なども多く生み出されています。つらくない方法でゆっくりコツコツと改善することができると思います。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国会前に「石炭だめ」など100足ズラリ 「シューズアクション」 若者が温暖化対策訴え

  2. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  3. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  4. 日本音コン 声楽第2予選 6人が本選進出

  5. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです