メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外埼玉知事選、大野氏初当選 与党系候補破る
飼育ノート

旭川市旭山動物園 エゾヒグマ「とんこ」の過去

エゾヒグマのとんこ=旭川市旭山動物園提供

 「もうじゅう館」にいるエゾヒグマ、とんこ(メス・推定19歳)は、窓をたたいて来園者を驚かせる、いたずら好きの人気者です。でも、どうして動物園で暮らしているのか、知る方は少ないかもしれません。

 19年前の4月30日、野生のエゾヒグマの母子が北海道中頓別町の街中に現れました。子連れのクマは攻撃性が増し、危険です。やむなく母グマは射殺され、子グマだけが動物園で保護されました。その子がとんこです。

 動物園やクマ牧場にいるクマのほとんどは、こうした経緯で保護されたクマや、その子孫です。動物園関係者…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文532文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです