メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼育ノート

旭川市旭山動物園 エゾヒグマ「とんこ」の過去

エゾヒグマのとんこ=旭川市旭山動物園提供

 「もうじゅう館」にいるエゾヒグマ、とんこ(メス・推定19歳)は、窓をたたいて来園者を驚かせる、いたずら好きの人気者です。でも、どうして動物園で暮らしているのか、知る方は少ないかもしれません。

 19年前の4月30日、野生のエゾヒグマの母子が北海道中頓別町の街中に現れました。子連れのクマは攻撃性が増し、危険です。やむなく母グマは射殺され、子グマだけが動物園で保護されました。その子がとんこです。

 動物園やクマ牧場にいるクマのほとんどは、こうした経緯で保護されたクマや、その子孫です。動物園関係者ならだれもが知る事実ですが、来園者に伝えるとショックを受ける方も多くいます。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです