メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/240 第7章 1=高村薫 田中和枝・挿画監修

 かくして浅井隆夫の場合、ある状態から別の状態への相転移はとくに決定的なきっかけもないところで起こったのだが、忍にもいまはそれに近い変化が起きようとしている。

 忍は、作業の合間にわずかな時間を見つけては父親にメールを送りつけながら、休みなく家庭ゴミや資源ゴミの収集に走り回る。動いている間だけは、警察に手足を縛られている不全感や、そのせいで何もできない焦燥感も少しは薄まる。生意気な中高生らに面を切られないよう目深に被(かぶ)ったキャップの下で、ドラクエの主人公になって想像のフィールドを駆けまわっていたころの心身の感触を思いだし、思いだし、少し離れたところからそれを眺めては、そろそろゲームも卒業だなと静かに思ったり、卒業して何をするんだ、したいことなんか何もないと自分で自分を否定したり、ゴミ箱を覗(のぞ)き込むようにしてかたちのない物思いの片々を探し続ける。

 このところ急にゲームがつまらなくなっているのは事実で、シャドバの攻略速報やモンストの獣神化もしばら…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文974文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
  3. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  4. クローズアップ2018 毎日新聞世論調査 内閣支持率、続落30% 「危険水域」寸前 麻生氏処遇、難局に
  5. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]