メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/240 第7章 1=高村薫 田中和枝・挿画監修

 かくして浅井隆夫の場合、ある状態から別の状態への相転移はとくに決定的なきっかけもないところで起こったのだが、忍にもいまはそれに近い変化が起きようとしている。

 忍は、作業の合間にわずかな時間を見つけては父親にメールを送りつけながら、休みなく家庭ゴミや資源ゴミの収集に走り回る。動いている間だけは、警察に手足を縛られている不全感や、そのせいで何もできない焦燥感も少しは薄まる。生意気な中高生らに面を切られないよう目深に被(かぶ)ったキャップの下で、ドラクエの主人公になって想像のフィールドを駆けまわっていたころの心身の感触を思いだし、思いだし、少し離れたところからそれを眺めては、そろそろゲームも卒業だなと静かに思ったり、卒業して何をするんだ、したいことなんか何もないと自分で自分を否定したり、ゴミ箱を覗(のぞ)き込むようにしてかたちのない物思いの片々を探し続ける。

 このところ急にゲームがつまらなくなっているのは事実で、シャドバの攻略速報やモンストの獣神化もしばら…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです