メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

軍国写影 反復された戦争/65 日露の誓い「懺悔の碑」に=広岩近広

 ロシア極東アムール州のイワノフカ村に、日露共同追悼碑「懺悔(ざんげ)の碑」が建立されたのは1995年7月のことだった。全国抑留者補償協議会(全抑協)の斎藤六郎会長とイワノフカ村のウス村長が、4年間にわたって話し合った末に、平和を祈念する追悼碑の建立に結びついた。広い公園の中央にシンボル的な存在として建つ「懺悔の碑」は、高さ8メートルの白いタイルの塔柱である。

 追悼碑の除幕式は、約1500人のイワノフカ村民をはじめ、近隣の村からも大勢が参加して盛大に行われた…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1158文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです