連載

深い傷

殺人などの犯罪に巻き込まれて経済的、精神的に苦悩する被害者や遺族らの声に耳を傾け、支援拡大や被害回復の道を探ります。

連載一覧

深い傷

性暴力の現場から/中 寄り添う産婦人科医 救急医療、被害者に不可欠

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「男から勧められたアルコールを少し飲んだら記憶がなくなった」。昨秋、20代の女性が大阪府松原市の「性暴力救援センター・大阪SACHICO」に駆け込んできた。応対した産婦人科医は事件の可能性もあると判断し、女性の同意を得て採取した尿と血液を分析したところ、睡眠薬の成分が検出された。

 SACHICOによると、女性は、仕事先で知り合った男にアルコールを飲まされた。話しているうちに意識がなくなり、気付いたら2時間が経過していた。男に見送られて車に乗り込み帰宅したが、翌朝になって何らかの被害に遭った不安を感じて相談に訪れた。

 当初は記憶がなかったが、次第にわいせつ行為をされた記憶が断片的によみがえり、被害を受けて3日後にようやく警察に届けた。SACHICOは女性から採取していた尿や血液を証拠として警察に提供するなど捜査に協力しているという。

この記事は有料記事です。

残り1087文字(全文1458文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集