メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲーム機

昭和の人気キャラ相次ぎ登場 中高年狙い

 アニメ「キャプテン翼」など、昭和時代の人気キャラクターを題材にしたアミューズメント施設向けのゲーム機が4月以降に相次いで登場する。かつて親しんだ中高年層や家族連れをターゲットに、手軽に遊べるスマートフォンのゲームに押されて遠のいた客足を施設に呼び戻す狙いがある。

 タイトーは、ソニー・ミュージックコミュニケーションズなどと開発しているキャプテン翼のサッカーゲーム機を秋から導入予定だ。プレーヤーはゴーグル型の仮想現実(VR)端末を装着してサッカー選手となり、ボールを蹴る動作でゴールを狙う。

 ゲームの追い風になると期待するのが、今月からのキャプテン翼のテレビアニメ放送復活と、サッカーのワー…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです