メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発事故

神戸へ避難の女性、宮城の中学教諭に

東日本大震災の追悼行事で、再会した兵庫県からのボランティアらと話す池添麻奈さん(右)=宮城県名取市で3月11日

 2011年の東京電力福島第1原発事故に伴い、神戸市に2年前まで避難していた池添麻奈さん(35)が今春、宮城県の公立中教諭に採用された。神戸では兵庫県嘱託職員として東日本大震災の被災地支援ボランティアに携わったが、「自分だけ逃げた」と悩んだこともあった。そんな時に「先生になる夢をかなえて」と励ましたのは、阪神大震災で被災した職場の友人らだった。「人を支えられる人間に」。池添さんは教壇から子供たちに伝えるつもりだ。

 池添さんは原発事故が起こった時、福島県富岡町の中学校で講師をしていた。町全域に避難指示が出され、約…

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです