メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『墓石が語る江戸時代』関根達人・著

墓とどう向き合うかを考えるヒントがある

◆『墓石が語る江戸時代』関根達人・著(吉川弘文館/税別1800円)

 今に遺(のこ)る墓石は江戸時代の元禄期ごろから急激に増加する。その墓石はいつ造られ、いかなる階層に属していた人が葬られているのか。墓誌がある場合には被葬者の人生の読み込みも重要だ。また墓石はどんな材質の石で、形状はどうか。

 弘前大学に勤務する著者は、青森県の弘前周辺や北海道の松前・江差、またかかる地域と日本海交易でつなが…

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです