メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生可能エネルギー

古里救え 帯広畜産大マダガスカル留学生 バイオガス導入向け調査 /北海道

 再生可能エネルギーで古里を救おうと、帯広畜産大(帯広市)で研究を続けるアフリカ・マダガスカルのフェトラ・ジュールさん(33)が、母国で6月に始まる再生可能エネルギーによる地域おこし事業に参画する。【横田信行】

 事業は、電化が進んでいないマダガスカルの首都周辺の農村部で再生可能エネルギーの活用方法などを教える「里山エネルギースクール」の開設など。栃木県佐野市のNPO法人「エコロジーオンライン」(上岡裕理事長)が実施する。

 フェトラさんは国立アンタナナリボ大を卒業後、増え続けるごみの処理やエネルギー源確保といった課題の解…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです