メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォトジャーナリスト

カンボジア取材15年 「弱者の声届ける」 秋田市出身・高橋智史さん /秋田

弾圧、人権侵害撮り続け 高橋智史さん(36)

 秋田市出身のフォトジャーナリスト、高橋智史さん(36)は、15年間にわたりカンボジアで取材を続け、政府の人権侵害に抵抗する人々などを写真に収め、雑誌などで発信している。秋田へ帰省した際に、その思いを聞いた。【川村咲平】

 高橋さんは高校卒業後、国際ボランティア関連の専門学校へ進んだ。次第に写真家を目指すようになり、日本大学芸術学部に入学。あるとき、野生動物の姿を追い続けているフォトグラファーと出会い、大きな感銘を受けた。

 転機は2003年。カンボジアを初めて訪れ、「ごみの山」をあさる子どもたちを見た。「白煙が上がるごみ…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです