メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

内堀雅雄知事 国は当事者の責任を 「復興期間」後の道筋明確に /福島

 --東日本大震災から7年が経過した。原発事故に伴う避難指示の解除は進んだものの、解除地域に帰還するのはお年寄りが多く、高齢化は深刻だ。

 一番大事なのは、医療や介護の提供体制だ。すでに開所している楢葉町の県立診療所に加え、4月には富岡町で24時間365日救急医療を提供する「県ふたば医療センター付属病院」が開院。これで広域的な医療体制が整う。介護施設においては、入居者へのケアが十分できるよう職員不足を解消するための財源を確保している。

 --若者世代に戻ってもらうという観点も必要では。

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです