メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くりくり少年野球

川口ドラゴンズV 本大会出場へ 新座・川越では予選開会式 /埼玉

 第126回川口市少年軟式野球大会・本部長杯争奪大会(同連盟主催、毎日新聞社など協賛)の決勝が1日、同市の神根運動場で行われ、川口ドラゴンズ(竹田暢之監督、上原啓夢主将)が戸塚イーグルスの猛追を振り切って13-11で降し、2大会連続5回目の優勝を飾った。3位は川口トニーズと西川口タイガーズだった。

 川口ドラゴンズは8月7日にメットライフドーム(所沢市)で開幕する第40回記念くりくり少年野球選手権大会に出場する。上原主将は「川口代表として実のある試合をしたい」と意気込みを語った。【川口真由】

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Snow Man『anan』グラビアで“色気の大渋滞” 2ndシングル発売日に表紙飾る

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  5. 番付が泣く「黒歴史」 大関の優勝、20場所なし 下克上阻止できるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです