メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原市立博物館

フクロウとヘビの装飾土器を公開 /神奈川

 相模原市南区当麻にある縄文時代中期の下原遺跡から出土した珍しい土器が、相模原市立博物館で初公開された。フクロウの顔をかたどった顔面把手(とって)と、ヘビ2匹をあしらった装飾土器で、フクロウの顔面把手は県内でも珍しいという。

 フクロウの顔面は縦13センチ、横15センチ。土器の口縁部に把手として付けら…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文321文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです