特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

真剣味

センバツ 三重、十二回力尽く 監督・主将の話 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

上には上がいる 三重・小島紳監督

 定本は主将としてよく投げてくれた。(点を)取るところで取れなかったのは自分のミス。4年前と同じ試合展開で勝ちきれなかった。上には上がいる。及ばない部分は、また明日からしっかりとやっていきたい。

熱戦展開し自信に 三重・定本拓真主将

 みんなよく粘った。自分の投球も球威があってストレートも決まって悪くなかった。大阪桐蔭相手に熱戦を繰り広げられたのも自信になった。夏までに力をつけ、必ず同じ場所に戻ってくる。

後攻は有利と暗示 大阪桐蔭・西谷浩一監督

 苦しい試合だったが「後攻は有利」と選手に暗示をかけ、全員で粘り勝つことができた。九回のヒットエンドランは勇気を持って指示した。昨夏の敗戦以降、選手に言い続けてきた「春の日本一」を必ず手にする。

執念のサヨナラ 大阪桐蔭・中川卓也主将

 三重の定本投手は思ったよりも直球に圧力があり苦戦したが、勝利への執念がサヨナラ勝ちに結実した。今まで抑えていたが、もう連覇は意識せざるを得ない。必ず春の優勝旗をつかみ取りたい。

〔三重版〕

次に読みたい

あわせて読みたい