特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

準決勝 智弁和歌山、逆転再び 声援に奮起、劣勢挽回(その1) /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
チームの勝利に沸く智弁和歌山のアルプス席=阪神甲子園球場で、日向梓撮影 拡大
チームの勝利に沸く智弁和歌山のアルプス席=阪神甲子園球場で、日向梓撮影

 <センバツ2018>

 紫紺の優勝旗まであと1勝--。智弁和歌山は3日、第90回記念選抜高校野球大会の準決勝で東海大相模(神奈川)と対戦し、延長十回、12-10で競り勝った。準々決勝と同様、伝統の強力打線を発揮して5点差をひっくり返し、18年ぶりの決勝進出を決めた。決勝は4日午後0時半開始予定で、1994年以来となる2回目の優勝をかけて大阪桐蔭と対戦する。【木原真希、日向梓】

智弁和歌山

  0023001402=12

  4000240000=10

東海大相模

 (延長十回)

 「平田、頑張れ。抑えろ!」

 12-10で迎えた延長十回裏、三塁側アルプススタンドからは、主戦・平田龍輝投手(3年)が1球を投じるたびに声援が飛んだ。2死まで追い込み、次の打者が高く打ち上げた打球が三塁手、林晃汰選手(3年)のグラブに収まると応援団は大歓声に沸いた。感極まって涙を流す選手の親もおり、保護者会長を務める文元洸成主将(3年)の父達世(たつとし)さん(49)は「信じられない。全員野球でよく頑張った」と興奮気味に語った。

 試合は序盤から激しい打撃戦となった。一回、先発の池田陽佑投手(2年)が先頭打者からの4安打で4点を先取され、無念の降板。しかし、マウンドを継いだ平田投手が強力打線を封じ、チームを引き締めた。

【智弁和歌山-東海大相模】三回表智弁和歌山2死満塁、文元の左前打で東妻が生還=阪神甲子園球場で、森園道子撮影 拡大
【智弁和歌山-東海大相模】三回表智弁和歌山2死満塁、文元の左前打で東妻が生還=阪神甲子園球場で、森園道子撮影

 エースを助けようと、打線も応える。三回に2点を返すと、四回には4安打で逆転に成功。逆転打を放った西川晋太郎選手(2年)は「林さんに回そうとバットを振ったらタイムリーになった」と笑みを浮かべた。

 中盤、守備の乱れから相手に追加点を与えるなどして、六回終わって5-10と再び大きくリードを許す。

 「逆転できるぞー」。準々決勝の再来を期待するスタンドの声援に応えるかのように、打線はさらに奮起する。八回、2四球に4安打を集めて同点に追いつき、延長に持ち込んだ。

 延長十回表、犠飛で1点を加え、2死二塁から黒川史陽(ふみや)選手(2年)が「ここで打てば相手もしんどくなる」と左前打で加点し、相手を振り切った。連日の激闘を制し、スタンドからは「よく頑張った。あと1勝」と大きなエールが送られた。

次に読みたい

あわせて読みたい