特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

準決勝 智弁和歌山、逆転再び 声援に奮起、劣勢挽回(その2止) /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東海大相模戦の十回、打席に立つ智弁和歌山の田中勇也選手=阪神甲子園球場で、猪飼健史撮影 拡大
東海大相模戦の十回、打席に立つ智弁和歌山の田中勇也選手=阪神甲子園球場で、猪飼健史撮影

 <センバツ2018>

準備結実の好走塁 田中勇也選手(3年)

 8-10の八回表、文元洸成主将が四球を選んで2死一、二塁とし、一塁の代走を告げられた。一塁走者が還れば同点となる大事な場面での起用に、「主将を代えてまで代走として送られた以上、高嶋監督も勝負に出た」と気を引き締めた。

 次打者への四球で二塁に進み、2死満塁でチャンスが広がる。続く黒川史陽選手の中前打の間、必死に走って同点となる本塁を踏んだ。

 50メートル6秒とチーム1の俊足。スタメン入りはならなかったが、宿舎ではストップウオッチを手に対戦相手の試合映像を見て、けん制のタイムを計ったり、投手のクセを見極めたりしてきた。「足を生かすことが自分の役割」と思い定め、重ねてきた準備が実を結んだ。この日を含めて代走として出場した3試合でいずれも本塁を踏む活躍。高嶋監督からも「田中の好走塁が大きかった」と評価は高い。

 念願の先発入りを目指して「このままでは満足できない。スタメンを狙って次も自分の役割を果たしたい」と力を込めた。

「魔曲」高らかに

タクトを振る智弁和歌山ブラスバンド部の岡村直樹部長=阪神甲子園球場で、日向梓撮影 拡大
タクトを振る智弁和歌山ブラスバンド部の岡村直樹部長=阪神甲子園球場で、日向梓撮影

 ○…「よし、ジョックロックでいきましょう」。4点を追う八回、劣勢をはね飛ばそうとアルプス席の観客からリクエストが入ると、ブラスバンド部の岡村直樹部長(2年)が力強くタクトを振った。高らかに響きわたる伝統の応援歌に、「魔曲や」と観客も大盛り上がり。同点打が飛び出すと、岡村部長は「智弁の魔物がよみがえった」と興奮気味に拳を突き上げた。この試合もブラスバンド部の演奏とアルプス席からの大声援がチームを鼓舞。延長十回に12点目となる適時打を放った黒川史陽選手も「気持ちが高まった」と感謝した。

次に読みたい

あわせて読みたい