メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鋤田正義さん里帰り写真展

直方市出身の世界的写真家 世界の音楽シーンと「超えられない1枚」 /福岡

「デビッド・ボウイ」「YMO」から60年前の母の写真まで

 直方市出身の世界的写真家、鋤田(すきた)正義さん(79)の里帰り写真展「『ただいま。』inのおがた」が3日、同市の直方谷尾美術館で始まった。5月20日まで。

 鋤田さんは、直方高OB。大阪の日本写真専門学校(現日本写真映像専門学校)で学び、2016年に亡くなった英国のロック歌手、デビッド・ボウイを40年以上撮影し続けたことで知られる。

 写真展は、鋤田さんが帰郷した時に同市で写真館を営む河野一太さん(55)に「直方で写真展を」と伝えた…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文620文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです