メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鋤田正義さん里帰り写真展

直方市出身の世界的写真家 世界の音楽シーンと「超えられない1枚」 /福岡

「デビッド・ボウイ」「YMO」から60年前の母の写真まで

 直方市出身の世界的写真家、鋤田(すきた)正義さん(79)の里帰り写真展「『ただいま。』inのおがた」が3日、同市の直方谷尾美術館で始まった。5月20日まで。

 鋤田さんは、直方高OB。大阪の日本写真専門学校(現日本写真映像専門学校)で学び、2016年に亡くなった英国のロック歌手、デビッド・ボウイを40年以上撮影し続けたことで知られる。

 写真展は、鋤田さんが帰郷した時に同市で写真館を営む河野一太さん(55)に「直方で写真展を」と伝えたことがきっかけ。河野さんら有志が実行委員会を組織して実現した。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです