メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイオガス発電

県内初の循環型クリーンエネルギー 焼酎粕利用、廃液は堆肥化 7月に宇佐で稼働へ /大分

 県内で初めてとなる焼酎粕(かす)を利用した本格的なバイオガス発電所(出力600キロワット)が宇佐市に登場する。未来電力(同市、末宗秀雄社長)が7月稼働を目指し、同市日足(ひあし)のミカン園跡地に建設中だ。処分される焼酎粕を使うことでコストを削減するほか、耕作放棄地の有効活用や雇用創出に期待がかかる。発電後に残る「消化液」も肥料として活用が可能。循環型クリーンエネルギーとして注目される。【大漉実知朗】

 発電所は、焼酎粕などを発酵させて取り出したメタンガスでタービンを回し発電させる仕組み。ガスを取り出した後に残る消化液は、液肥や固形肥料にして再利用する。

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです