バイオガス発電

県内初の循環型クリーンエネルギー 焼酎粕利用、廃液は堆肥化 7月に宇佐で稼働へ /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県内で初めてとなる焼酎粕(かす)を利用した本格的なバイオガス発電所(出力600キロワット)が宇佐市に登場する。未来電力(同市、末宗秀雄社長)が7月稼働を目指し、同市日足(ひあし)のミカン園跡地に建設中だ。処分される焼酎粕を使うことでコストを削減するほか、耕作放棄地の有効活用や雇用創出に期待がかかる。発電後に残る「消化液」も肥料として活用が可能。循環型クリーンエネルギーとして注目される。【大漉実知朗】

 発電所は、焼酎粕などを発酵させて取り出したメタンガスでタービンを回し発電させる仕組み。ガスを取り出した後に残る消化液は、液肥や固形肥料にして再利用する。

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文928文字)

あわせて読みたい

注目の特集