メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/19 AI時代、危機を好機に

伊藤忠商事本社の情報・金融部門と米シリコンバレーの事務所をテレビ電話でつないだ会議=3月13日、小川祐希撮影

 「例えばどんな企業があって、どうやってもうけているの?」。3月13日午前8時半、伊藤忠商事東京本社と米シリコンバレー(カリフォルニア州)をインターネットでつないだテレビ会議。情報・通信部門長補佐(当時)の佐藤浩毅(49)は、現地に駐在する土川哲平(43)から「米国ではAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の開発者向けの情報共有サイトを運営する企業が注目されている」との報告を受け、質問を返した。

 駐在員は、最先端のIT関連企業やファンドが集積するシリコンバレーで情報収集に当たり、月1回程度、東…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです