メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

現実的な手法で自給率向上を=農業ジャーナリスト・青山浩子

 日本のカロリーベースの食料自給率は38%(2016年度)。消費者を対象とした複数の調査では、回答者の7、8割が「低い」と答えている。だが消費者は常に自給率を意識して食生活を送るわけでなく、生産者も自給率より経営を優先して作物を選ぶ。国は25年度に45%という目標を設定しているが、かなり乖離(かいり)がある。

 自給率の低さに強い危機感を抱いているのは、食品製造・流通業の関係者だ。離農者の増加による国内生産力…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです