連載

山は博物館

国内の「登山参加人口」は推定650万人。山が持つ歴史や文化、科学に目を向けた“知的登山”の世界へご案内します。

連載一覧

山は博物館

それは戦時下だった/1 陸軍、富士山で航空医学研究

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
富士山頂で航空医学を研究していた陸軍軍医学校の旧富士分業室(中央左)。手前の建物は気象庁富士山測候所=1968年12月撮影
富士山頂で航空医学を研究していた陸軍軍医学校の旧富士分業室(中央左)。手前の建物は気象庁富士山測候所=1968年12月撮影

 <くらしナビ・環境>

 富士山頂「剣ケ峰」(3776メートル)の北約200メートル。西安河原(にしやすのかわら)と呼ばれる平たん地に、登山者がほとんど目もくれない建物の土台らしいコンクリートが広がっている。太平洋戦争まであった陸軍軍医学校軍陣衛生学教室の富士分業室の名残だ。ひっそりと、軍用機のパイロットに与える高空の影響と対策に関する「航空医学」を研究していた。

 開所は1938年8月で、木造平屋建て2棟、床面積計約290平方メートル。夏なら15人の宿泊、越冬も数人可能だった。寒さに備えて壁は二重で、倉庫は燃料の木炭でいっぱい。1年分の米や漬物、缶詰を蓄え、1週間に1回、ふもとから届く新鮮な野菜や肉を所員が楽しみにした。水は、雨を地下水槽に蓄えたり、雪や氷を溶かしたりして確保した。

この記事は有料記事です。

残り1848文字(全文2192文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集