オスプレイ

横田配備へ 突然の前倒し「なぜ今」 住民、怒りと不安

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
横浜ノースドックに入るオスプレイを積載したとみられる輸送船=2018年4月3日午後5時27分、本社ヘリから
横浜ノースドックに入るオスプレイを積載したとみられる輸送船=2018年4月3日午後5時27分、本社ヘリから

 米空軍の輸送機CV22オスプレイが横田基地に夏ごろに正式配備される見通しになった。米国防総省は昨年3月、当初予定の昨年後半から、2019年10月以降に延期すると発表。本土では初めてとなる首都圏への配備が突然、前倒しされたことに対し、基地周辺の住民からは怒りと不安の声が上がった。

 在日米軍司令部がある横田基地は都心から西に約40キロに位置し、総面積は約7平方キロ。東京都福生市や立川市、昭島市など5市1町にまたがり、周辺には住宅が密集する。

 「こんなに方針をころころ変えるなんて」。米軍機の飛行ルート直下の昭島市緑町に住む大野芳一さん(78)は驚きと憤りをあらわにした。「パイロットや整備士不足でいったん延期したのに、それが解決したとは思えない。なぜ今、配備するのか。日本政府からも明確な説明がない」

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文746文字)

あわせて読みたい

ニュース特集