メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
日本学術会議

軍事研究審査、新設13% 大学、声明受け

 日本学術会議は3日の総会で、昨春決議した軍事研究を規制する声明を受けて、全国の大学や研究機関の13%が、内部での研究が軍事研究かどうかを審査する制度を新たに設けたとの調査結果を公表した。声明が出る前から設けていると答えたのは13%で、合計しても26%にとどまった。【千葉紀和】

 学術会議の声明を受けて実態を把握するために調査した。文系の単科大や教育大も含む全国立大をはじめ、主な公私立大や研究所183機関を対象に2~3月にアンケートし、135機関が答えた(回答率73・8%)。

 声明は、研究の適切さを審査する制度を設けるよう大学などに求めた。特に、防衛省が防衛装備品への応用が…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文747文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです