メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルーツを訪ねて

サッカーW杯日本代表候補/1 光る技術と成長力 MF・長谷部の恩師、服部康雄さん

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が6月14日に開幕する。6大会連続6度目の出場となる日本代表の中核として活躍が期待される選手たちは、いかにサッカーと向き合い、世界の舞台へ飛躍していったのか。原石としての輝き、ライバルとの苦闘、そして成長の軌跡を、少年時代の恩師に尋ねた。

 「全然大した選手じゃなかった。今は立派になったけれど」。日本代表主将のMF長谷部誠(34)=アイントラハト・フランクフルト=を静岡・藤枝東高で指導した服部康雄さん(61)は、率直な思いを口にする。

 入学当初は同学年の約20人中、4、5番手という評価だった。当時の長谷部はドリブルで強引に前へ攻める…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです