メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バキ

第4部「刃牙道」が4年の連載に幕 第5部は“日本最古の強者”野見宿禰が登場

「週刊少年チャンピオン」19号で完結した「バキ」シリーズの第4部「刃牙道」(画像はコミックス第1巻)

 板垣恵介さんの人気格闘マンガ「バキ」シリーズの第4部「刃牙道」が、5日発売の連載誌「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)19号で完結し、約4年の連載に幕を閉じた。19号には、第5部の予告も掲載された。第5部は“日本最古の強者(つわもの)”という野見宿禰(のみのすくね)が登場し、詳細は今後、同誌で発表される。また、12日発売の同誌20号で、外伝「バキ外伝 疵面 ~スカーフェイス~」の連載が再開される。

 「バキ」シリーズは、地下闘技場のチャンピオン・範馬刃牙や刃牙の父で“地上最強の生物”の異名を持つ範馬勇次郎ら格闘家の戦いを描く格闘マンガ。1991年に同誌で第1部「グラップラー刃牙」がスタートし、第2部「バキ」が99~2005年、第3部「範馬刃牙」が06~12年に連載された。

 第4部「刃牙道」は14年3月に連載が始まり、現代によみがえった剣豪・宮本武蔵との戦いが描かれた。新作アニメ「バキ」が動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で今夏に配信されることも話題になっている。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長聴取へ 23日午後帰国
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. トランプ米大統領 安倍首相に暴言 G7で移民政策議論中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]