メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バキ

第4部「刃牙道」が4年の連載に幕 第5部は“日本最古の強者”野見宿禰が登場

「週刊少年チャンピオン」19号で完結した「バキ」シリーズの第4部「刃牙道」(画像はコミックス第1巻)

 板垣恵介さんの人気格闘マンガ「バキ」シリーズの第4部「刃牙道」が、5日発売の連載誌「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)19号で完結し、約4年の連載に幕を閉じた。19号には、第5部の予告も掲載された。第5部は“日本最古の強者(つわもの)”という野見宿禰(のみのすくね)が登場し、詳細は今後、同誌で発表される。また、12日発売の同誌20号で、外伝「バキ外伝 疵面 ~スカーフェイス~」の連載が再開される。

 「バキ」シリーズは、地下闘技場のチャンピオン・範馬刃牙や刃牙の父で“地上最強の生物”の異名を持つ範馬勇次郎ら格闘家の戦いを描く格闘マンガ。1991年に同誌で第1部「グラップラー刃牙」がスタートし、第2部「バキ」が99~2005年、第3部「範馬刃牙」が06~12年に連載された。

 第4部「刃牙道」は14年3月に連載が始まり、現代によみがえった剣豪・宮本武蔵との戦いが描かれた。新作アニメ「バキ」が動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で今夏に配信されることも話題になっている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです