メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

制裁対象品目案を公表 中国反発、WTO提訴へ

 【ワシントン清水憲司】米通商代表部(USTR)は3日、米通商法301条に基づく中国の知的財産権侵害に対抗する制裁措置として25%の関税引き上げを行う中国製品の原案を公表した。航空宇宙やIT(情報技術)、半導体、ロボットなどハイテク分野を中心に約1300品目に上り、総額500億ドル(約5.3兆円)。国内手続きを経て5月下旬以降に最終決定する。中国商務省の報道官は世界貿易機関(WTO)に直ちに提訴する意向を表明、近く同規模の報復措置を打ち出す方針を示した。米中間の「貿易戦争」が現実になる可能性が高まっている。

 USTRは声明で、中国が2025年にITやロボット、新エネルギー車など先端分野で「製造強国」になる…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです