メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関学研究グループ

働きアリ、お互いの産卵「取り締まり」

働きアリが産んだ卵(中央)を、他のアリが食べて壊す様子=関西学院大提供

 働きアリが卵を産まないのは、お互いの産卵を「取り締まっている」ためであることを、関西学院大の下地博之助教(進化生態学)らの研究グループが観察と実験で確認した。集団全体の利益を優先し、女王アリだけに産卵させる行動だと推測されるという。英国王立協会紀要(電子版)に掲載された。

 アリの集団は小規模な場合、女王アリだけが産卵し、生まれた働きアリは餌を捕ったり幼虫を育てたりして「分業」する。働きアリは全て雌で、産卵しない。一方で集団の規模が大きくな…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
  5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]