メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人気商品

さよなら「睡眠負債」 睡眠グッズに高まる関心

売り場に並ぶ、快眠を手助けするための商品=大阪市北区の東急ハンズ梅田店で=大阪市北区で2018年3月19日、菅知美撮影

 心地よい睡眠を手助けする商品が人気だ。睡眠不足が借金のように積み重なって心身に悪影響を及ぼす「睡眠負債」が流行語になるなど、眠りへの関心は高まっており、忙しい現代人の眠りの質をいかに高められるかを各社が競い合う。

 スマートフォンやパソコンの画面を長く見ていると神経の緊張状態が続き、浅い眠りや眠りづらさにつながるという。緊張をほぐすには目の周りを温めるのが有効とされ、発熱するアイマスクの発売が相次ぐ。

 花王の「めぐりズム」(オープン価格)は、使い捨てカイロと同じ仕組みで熱を発し、開封後10分間は40…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文722文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです