メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイク

メーカー、テコ入れに躍起 販売台数減少で

ゆったりとした店内に最新型のバイクが並ぶ「ホンダドリーム川崎宮前」=川崎市宮前区で2018年2月21日午前10時57分、和田憲二撮影
 
おしゃれなアパレル商品も展示してバイクのあるライフスタイルを提案する「カワサキショールーム マーチエキュート神田万世橋」=東京都千代田区で2018年2月22日午後6時39分、和田憲二撮影

 二輪メーカー各社が国内市場のテコ入れに躍起だ。販売台数は小型の原付きバイクを中心に減少に歯止めがかからず、大きな反転は見込めない。各社は比較的堅調な中・大型を中心にバイクの魅力を訴え、女性や若者向けの新店舗も出すなど新たな需要の掘り起こしに本腰を入れている。

 ホンダは今年2月、新店舗「ホンダドリーム川崎宮前」を披露した。店内には、17年ぶりに全面改良した排気量1800CCの最上位モデル「ゴールドウイング」など新車の他、人気の中古車や実際にレースで走った非売品のバイクも展示。「ぎっしり並べて、またがることもできない昔の『バイク屋』のイメージを払拭(ふっしょく)した」(担当者)という。展示車を厳選する代わりにジャケットやブーツなどの試着・販売コーナーを充実させ、ソファでくつろげる歓談スペースも設けた。

 ホンダは5種類ある系列の販売店網を、4月から同店のような趣味性の高い高性能バイクをそろえる「ドリーム店」と、原付きなどの実用モデルを扱う「コミューター店」に再編した。販売子会社のホンダモーターサイクルジャパンの加藤千明社長は「量や規模より販売の質を追求する」といい、旗艦店と位置づけるドリーム店では利幅の厚い上級車を1台ずつ丁寧に販売する考えだ。

 川崎重工業も1月、JR秋葉原駅近くの商業施設に半年限定のショールームを開いた。赤レンガ造りのおしゃれな店内では「カワサキ」ブランドのアパレルや雑貨を販売するが、バイクは主力の中・大型車を数台展示するのみで、その場では販売しない。あくまでバイクのあるライフスタイルを提案する場と位置づけ、バイクと縁が薄い女性や若者との接点にする狙いだ。

 上級車種は価格帯が高く、若者には手が届きにくそうだが、販売子会社のカワサキモータースジャパンの谷敏明販売戦略部長は「今の若者はお金を大事に使う。目利き力があり、本当に良い商品は買ってくれる」と自信を示す。開設以来、直営店の5~10倍に当たる月間数千人が訪れているという。

 ヤマハ発動機の販売子会社も1月から、排気量126CC以上のスポーツバイクを扱う販売店を全国に順次展開。整備や故障診断などの高い専門知識を持つ整備士を置き、質の高いサービスを提供する体制を整える。スズキも4月以降、最新モデルを集めた無料の試乗会を各地のサーキットなどで開く。国内市場の活性化に向けた各社の取り組みは今後も加速しそうだ。【和田憲二】

キーワード

二輪の国内市場 二輪は維持費が安く通勤・通学などにも便利なことから1970年代以降広く普及。日本自動車工業会によると、国内販売台数は82年に328万5000台とピークに達したが、その後は軽自動車や電動アシスト付き自転車の普及などで原付きバイクを中心に減少傾向にあり、2016年には過去最低を記録。17年は35万7264台と4年ぶりに前年を超えたが、これは16年の熊本地震でホンダの工場が被災し、生産が落ち込んでいた反動が大きい。ローンや子育てが終わり、もう一度バイクに乗ろうという「リターンライダー」世代を中心に中・大型は需要が底堅く、各社の主戦場となっている。国内は半世紀近くホンダ、ヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の寡占が続く。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
  2. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
  3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  4. 東京入管 収容トルコ人腹痛、放置 虫垂炎と腹膜炎併発
  5. 深い傷 性暴力の現場から/上 告白の夜、夫婦で号泣 父から強姦、被害公表し支援側に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]