メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

国内を外交舞台に 年内に4回の国際会議

 【北京・浦松丈二】中国の王毅国務委員兼外相は3日、北京で記者会見し、8~11日に海南省で開かれるボアオ・アジアフォーラムに習近平国家主席が出席すると発表した。また、フォーラムを含め年内に4回の国際会議を主催して「ホームゲーム外交」を活発化させる方針も示した。朝鮮半島情勢の緩和に伴い、北東アジアをめぐる外交活動が目まぐるしく動くなか、中国は外交面での影響力を維持する足がかりにしたい考えとみられる。

 フォーラムにはアジアを中心に政財界から2000人以上が参加する。習氏は2013年、15年に続く出席となり、開会式で基調演説をするほか、ドゥテルテ比大統領やグテレス国連事務総長らゲストと会談する。王氏は「今年最初の重要なホームゲーム外交であり、大きな見せ場になるだろう」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです