メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スイス

EUとの関係に亀裂 人の移動の自由制限の動きも

スイスの国会にあたる連邦議会議事堂。州の紋章のステンドグラスや建国の同盟を結んだ代表者の石像などが設置され、見学者でにぎわっている=ベルンで2018年2月20日、三沢耕平撮影

 永世中立国で知られるスイスと欧州連合(EU)の関係にあつれきが生じている。EUに加盟していないスイスはEUと多数の個別協定を結ぶことで加盟国並みの恩恵を受けてきたが、その見直し作業を巡って対立。EUの基本理念である「人の移動の自由」を定めた協定を破棄する動きもあり、「スイス版ブレグジット(英国のEU離脱)」の懸念が強まっている。【ベルンで三沢耕平】

 「私たち移民に対する冷たい視線を感じることがある」。首都ベルン中心部の飲食店で働くアレンさん(40…

この記事は有料記事です。

残り1668文字(全文1894文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです