メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

永野芽郁

笑顔、役柄そのまま NHK連ドラヒロイン

永野芽郁さん=小川昌宏撮影

 「この子と一緒にいたら、嫌なことも忘れちゃいそう。前向きさに引っ張られて、自分もポジティブになれるだろうな」

 2日に始まった連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン、楡野鈴愛(にれのすずめ)は、本当にいたら「きっと親友になれちゃう」女の子だという。大阪万博の翌年、1971年に岐阜県で生まれた鈴愛は、豊かな自然や温かい家族に囲まれ、のびのびと成長する。「自分の体力やテンションが落ちている時に、鈴愛の勢いを出すのはしんどい」と苦笑いしつつ、今は「彼女の気持ちを理解しながら、演じることができているかな」と言う。

 現在、18歳で、先月までは高校生。しかし、既にテレビドラマ「こえ恋」(テレビ東京系)や映画「ひるな…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文792文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ ダルビッシュが故障者リスト入り
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]