メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

永野芽郁

笑顔、役柄そのまま NHK連ドラヒロイン

永野芽郁さん=小川昌宏撮影

 「この子と一緒にいたら、嫌なことも忘れちゃいそう。前向きさに引っ張られて、自分もポジティブになれるだろうな」

 2日に始まった連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン、楡野鈴愛(にれのすずめ)は、本当にいたら「きっと親友になれちゃう」女の子だという。大阪万博の翌年、1971年に岐阜県で生まれた鈴愛は、豊かな自然や温かい家族に囲まれ、のびのびと成長する。「自分の体力やテンションが落ちている時に、鈴愛の勢いを出すのはしんどい」と苦笑いしつつ、今は「彼女の気持ちを理解しながら、演じることができているかな」と言う。

 現在、18歳で、先月までは高校生。しかし、既にテレビドラマ「こえ恋」(テレビ東京系)や映画「ひるな…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文792文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 大山古墳 40メートル大きかった 築造当時、全長525メートル 宮内庁測量 周濠の水面下にも墳丘
  4. 歴史散歩・時の手枕 大山古墳(仁徳天皇陵、堺市堺区) 風格堂々 都会の森
  5. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです