性暴力

小児性愛で再犯「自分を制御できなかった」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
受刑者の男が住んでいたアパート。前回の服役後は自立のために一人暮らしをしていたが、支援員の訪問を拒みがちだったという=菅野蘭撮影
受刑者の男が住んでいたアパート。前回の服役後は自立のために一人暮らしをしていたが、支援員の訪問を拒みがちだったという=菅野蘭撮影

 「薬物の依存症と一緒なんです。『もう大丈夫だろう』と思っていたら、悪い意識が出てきて同じ事を繰り返してしまう」。わいせつ目的で女児(当時10歳)の後を付け、マンション敷地内に侵入したとして邸宅侵入罪などで懲役10月の実刑判決を受けた男(42)は昨年8月、福岡拘置所の面会室で記者にそう打ち明けた。最初は取材に気後れする様子も見せたが、好きな漫画などの話題で冗舌になると、事件や自身の性的嗜好(しこう)について語り始めた。

 男が女児を性の対象とみていることを自覚したのは高校生の時。当時は現在ほど規制が厳しくなかった児童ポルノ雑誌を見て性的興奮を覚えた。小中学生時代に同級生の女子から机に「ばい菌」「学校来るな」と書かれるなどのいじめを受けて以来、同年代の女性と接点を持てず恋愛感情も抱けなかった。大人の女性に対する恐怖心が小児性愛の原因だと自覚しているという。

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1472文字)

あわせて読みたい

注目の特集