特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

選抜高校野球

決勝見どころ 互角の智弁和歌山-大阪桐蔭

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
<左>決勝進出を決め、喜ぶ智弁和歌山の選手たち=阪神甲子園球場で2018年4月3日、森園道子撮影<右>サヨナラ勝ちして喜ぶ大阪桐蔭の選手たち=阪神甲子園球場で2018年4月3日、渡部直樹撮影 拡大
<左>決勝進出を決め、喜ぶ智弁和歌山の選手たち=阪神甲子園球場で2018年4月3日、森園道子撮影<右>サヨナラ勝ちして喜ぶ大阪桐蔭の選手たち=阪神甲子園球場で2018年4月3日、渡部直樹撮影

(4日12時半、左が一塁側)

  ○…決 勝…○

智弁和歌山-大阪桐蔭

(和歌山) (大 阪)

 昨秋の近畿大会決勝の再現となった。その時は大阪桐蔭が1-0で勝利。ともに準決勝で劇的な勝ち方をして勢いは互角だが、投手層の差で大阪桐蔭がわずかに優位に立つ。

 大阪桐蔭は柿木、根尾の継投が予想される。根尾が準決勝のように140キロ台中盤の直球と120キロ台の鋭いスライダーを制球できれば、大量失点は考えられない。柿木が長い回を投げられるかが鍵になる。ロースコアに持ち込めば、勝つ可能性は高い。

 智弁和歌山はエース・平田が準決勝で180球を投げ、疲労は大きい。小堀、池田の両右腕では相手の強力打線に早い回につかまる可能性があるだけに、打線が序盤に先手を取ることが不可欠だ。3番・林が復調気配にあるのは好材料で、中盤までに大量点を狙いたい。

次に読みたい

あわせて読みたい