メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

障害児施設に手術促す 北海道が1951年に

北海道が開示した通知のコピー。「(不妊手術の)申請書を積極的に提出するようご配意願いたい」と記されていた=4日、竹内幹撮影

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの強制不妊手術を推進するため、北海道が51年、道内の知的障害児施設の運営者宛てに「(強制手術の)申請書を積極的に提出するよう」通知していたことが判明した。強制手術は医師の申請を受けた都道府県審査会が可否を決める仕組みだったが、行政側が施設に働きかけたことで“集団手術”につながった恐れがある。北海道の手術数は同年から急増して全国最多となっており、専門家は「法律のずさんな運用」を指摘する。

 道が4日、毎日新聞の開示請求に対し、強制手術に関する保存資料の一部で、道庁や保健所に残っていた49…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1012文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです