メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

田崎悦子 黒衣としてイメージ 「三大作曲家の愛と葛藤」来月開幕

田崎悦子さん=藤井太郎撮影

 大指揮者ゲオルグ・ショルティに見いだされた国際派ピアニストの先駆け、田崎悦子。喜寿が近づいた今もなお、独創的なテーマに沿った演奏会を続ける。来月開幕する新シリーズは「三大作曲家の愛と葛藤」。19世紀、楽器の飛躍的な発展を背景に珠玉のピアノ曲を残したショパン、シューマン、リストを取り上げる。「ろうそくの明かりの下、羽根ペンで一音一音書かれた楽譜には、作曲家の息遣いが反映されています。黒衣としてそのメッセージを伝えるのが、奏者の役割。小さな指示もゆるがせにせず、私なりのイメージを立ち上らせたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1077文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです