メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シニア映画歓

インド映画、世界新=野島孝一

 レスリングの伊調馨選手を巡るパワハラ問題が話題になる中で、インド映画「ダンガル きっと、つよくなる」が6日公開される。インド映画としては全世界で340億円の興行収入1位を記録した。中国でもハリウッドを除く歴代外国映画ナンバーワン。インドと中国は仲がいいとは言えない中での快挙だ。

 「ダンガル」とはレスリング競技を指す。インドの田舎に住むレスリングを愛する男が、男の子が生まれたらレスリングの金メダリストにするのが夢だったが、生まれたのは女の子ばかり4人。夢をあきらめたところ…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです